理想的な形状に|ほくろ除去で悩みも排除|脱コンプレックス

ほくろ除去で悩みも排除|脱コンプレックス

理想的な形状に

女性

位置のずれや好みの変化

鼻の形がコンプレックスとなっている人の多くが、シリコンプロテーゼの挿入による整形をしています。シリコンプロテーゼは、柔らかいゴム状をしているため、鼻の軟骨にフィットします。したがって軟骨が少なく鼻が全体的に低い人は、大きなシリコンプロテーゼを挿入することで、高い状態にすることができます。軟骨が部分的に隆起している人は、くぼみを埋める形状のシリコンプロテーゼを挿入するのです。このように挿入により、不足している部分を補うことができますが、シリコンプロテーゼは、柔らかいからこそ年月の経過によって、位置がずれてくることがあります。また、好みが変化して、違う形状を希望するようになる人もいます。そのような場合には、修正のための整形を受けることが必要となります。修正すれば、再び理想的な鼻を手に入れることができるようになるのです。

まずは除去から

修正のための整形は、まずは挿入したシリコンプロテーゼを取り出すことから始められます。シリコンプロテーゼの挿入は、多くの場合は鼻の穴の中からおこなわれます。穴の天井部分を小さく切開し、そこからシリコンプロテーゼを少しずつ押し込んでいくのです。したがって除去もやはり、その部分からおこなうことが可能となっています。つまり修正をしても、鼻の表面部分には傷が残らないということです。もちろん除去後には、切開した部分から新しいシリコンプロテーゼを挿入できます。炎症を起こしている場合には、いったん切開口を塞ぎ、炎症がおさまってから改めて挿入することになります。また、何度も鼻の穴の中を切開することに抵抗があるという場合には、シリコンプロテーゼの代わりにヒアルロン酸を使うことも可能です。ヒアルロン酸はジェル状なので、切開せずに注射器で注入できるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 ほくろ除去で悩みも排除|脱コンプレックス All Rights Reserved.